CHECK

キャンピングカーとは?初めて乗る人が知っておくべき基礎知識を詳しく解説

アウトドアライフをもう少し楽しくするキャンピングカーはキャンプだけでなく長距離の旅行にも使いやすい車です。
車にはソファベッドとキッチンと水道が完備されているので運転中や駐車中に快適に過ごせます。
今回は基礎と利用している時の注意について詳しくご紹介します、あなたにぴったりのカーを見つけてアウトドアをさらに楽しんでください。
今回はポイントをしっかり押さえてルールを守って楽しいカーライフを実現していただきたいです。

キャンピングカーとは?初めて乗る人が知っておくべき基礎知識を詳しく解説

自走式キャンピングカー基礎と利用時の注意です。
普通車では乗り心地や操作性が大きく異なるため、初めてキャンピングカーを運転する人は混乱するかもしれません。
キャンピングカーと普通車の主な違いは、車両の重量です。
普通車の重さは約1〜1.5トンですが、キャンピングカーの重さは約2〜4トンで、その2倍になります。
カーブはゆっくりと丁寧に運動しながら横風に注意。
部屋の大きさを優先するために立方体のような形をしていることが多く、前​​、後ろ、左、右からの風の影響を受けやすくいです。
突然の開始と停止に注意。
キャンピングカーは転がりやすいからです。
シートベルトは必ず締めてください。

キャンピングカーは細かいタイプに分類される

キャンピングカーはキャンプを楽しむために様々な設備が整った車の事ですが、実際には細かなタイプに分類されるため用途に合わせて選ぶことが大切です。
メンテナンスや維持の面で最も有利なものは、乗用車タイプのもので車検等の手間がそれほどかからない上、一般の乗用車と同じように利用することができるので便利なものとなっています。
ワンボックス車両であれば室内を適度に改造するだけで利用することができるようになり、快適に過ごすことができるスペースを確保することができるの魅力です。
自宅に十分な駐車スペースがあり、またより快適なキャンプを楽しみたい場合であれば、トラックベースや牽引式のものが有効に利用できます。
より快適なスペースを確保することができる反面、運転するためには特殊な免許が必要な場合が多いので注意をしなければなりません。
その他にも最近では軽自動車を改造したものや、その他の特殊な機能を追加したものなど様々なキャンピングカーがあります。
それぞれ登録条件なども異なるため、その要素や利用環境などを比較して選ぶことが大切です。

キャンピングカーは宿泊費を節約できる

キャンピングカーといえばキャンプができる車のイメージですが、実際のところ生活に必要な設備が一通り揃っているので、宿泊施設を利用する必要がなく、費用の節約ができるのではないでしょうか。
キャンピングカーは移動の足となる車に、ベッドや調理を行うキッチンが備わっているので、場所を選ばずどこでもキャンプをすることが可能です。
勿論、実際にはキャンピングカーを停めることができたり、水が使える場所という条件はつきます。
しかしテントを張る手間が省けるだけでなく、宿泊費も節約できるのは魅力という他ないです。
宿泊地に向けて出発してドライブを楽しみ、到着すればすぐに休憩を取ったり調理して食事がいただけるので、本当に便利で快適です。
そこにお得が加わるわけですから、キャンピングカーはまさにアウトドア好きにとって魅力的で、費用対効果が優れる車だといえます。
購入となると高額な費用が掛かりますが、レンタルならハードルは低いですし、お得に楽しいアウトドアが実現するのではないでしょうか。

旅先で料理ができるキャンピングカーのメリット

キャンピングカーには水道、電子レンジ、冷蔵庫が完備されている物もあり、さらにガスコンロを持ち込めば、いつでも好きな料理が楽しめるようになっています。
すぐに手を洗えるので衛生的ですし、冷蔵庫がついていれば作ったものの一時保存もできます。
電気ポットも用意しておけば、ドリップコーヒーなども簡単に飲めます。
例えばキャンピングカーで遠出をした時、その土地の名産のお肉を購入し中で焼くなんて夢もかないます。
電子レンジが備えられていればコンビニの地域限定商品を好きなタイミングで温めて食べる事も可能です。
キャンピングカーはある意味非日常の空間なので、よりいっそう美味しく感じられると思います。
いつでも料理ができるので、食材をあらかじめ購入しておけば早朝の朝食も深夜の夜食も思いのままです。
近場にお店がないような場所へも泊まりで出かける事ができるので、山や海に行きたい家族にもぴったりです。
釣りに行き釣った魚を処理してすぐ食べる事もできます。
きっと楽しい思い出になるでしょう。

キャンピングカーとしてのフル設備を備えたキャブコン

キャンピングカーには様々なタイプが存在しますが、多くの方がキャンピングカーと聞いて真っ先に思いつくのがキャブコンでしょう。
キャブコンは、トラックの荷台部分を居住空間に改造したタイプで、運転席以外の部分が全て居住空間となるため、広々とした空間で過ごすことができます。
天井も高いため、車内での移動や着替えの際に中腰になる必要もありません。
設備が充実しているのも魅力のひとつです。
車種によってはオプションで追加しなければならないものもありますが、キャブコンにはベッド・テーブル・キッチン・トイレ・シャワー・エアコン・換気扇などが備わっています。
生活に欠かせない様々な設備が整っているとともに、収納スペースも広めなのでキャンピングカーであっても自宅のように快適に過ごすことができるでしょう。
ただし、キャブコンは車体が大きく、運転には細心の注意を払う必要があるので、この点については十分に理解しておく必要があります。

キャンピングカーに関する情報サイト
キャンピングカーの基礎知識

アウトドアライフをもう少し楽しくするキャンピングカーはキャンプだけでなく長距離の旅行にも使いやすい車です。車にはソファベッドとキッチンと水道が完備されているので運転中や駐車中に快適に過ごせます。今回は基礎と利用している時の注意について詳しくご紹介します、あなたにぴったりのカーを見つけてアウトドアをさらに楽しんでください。今回はポイントをしっかり押さえてルールを守って楽しいカーライフを実現していただきたいです。

Search