CHECK

キャンピングカーの燃費はどれくらい?

キャンピングカーの燃費はどれくらい?

キャンピングカーは通常の自動車と異なり、基本的に生活をするようなことが可能です。寝るような場所も用意されていますし、テーブルや簡易的なキッチンなどが用意されていることもあるので、普通に生活することができます。実際に走ることができますから、生活をすることができる空間で移動するようなことが可能です。ただキャンピングカーを実際に運転するような場合は燃費についても意識を向けておかないと、想定外の出費が発生するような可能性もあります。 基本的に通常の自動車と異なり架装をすることになりますから、一般的な自動車よりも重たいので動かすために必要となるエネルギーが多く必要になります。その分だけ多くのガソリンを使用することになりますから、当然ながら燃費は悪化する可能性が高いです。架装の状態などでも左右されるような特徴がありますが、設備が充実しているキャンピングカーであれば、それだけガソリンをたくさん使用することになるかもしれません。

そのキャンピングカー運転できる!?免許証と重量の関係

キャンピングカー人気が高まる中、様々な車種をベースにしたものが登場しています。中にはトラックの架台に様々な設備を載せたトラコンなど、ワンルームマンションの室内に相当する内装を備えた大型車も見つけられます。そこでも問題となるのが、運転免許証とキャンピングカー重量の関係です。普通免許で運転できるのは車両総重量3.5t未満、最大積載量2t未満となっており、運転する際にはこの基準を満たさなければなりません。ピックアップトラックをベースにしたキャブコンやミニバンベースのバンコンであれば、3.5t未満に収まることが多いので、基本的には普通免許で対応できると考えてよいでしょう。またマイクロバスをベースにしたバスコンやキャンピングトレーラーの場合は、普通免許では運転が認められていない3.5t以上の可能性があるため、少なくとも準中型免許以上が求められる可能性があります。所有している運転免許証によって運転できるキャンピングカーの種類も決まってくるので、あらかじめチェックしておきましょう。

キャンピングカーに関する情報サイト
キャンピングカーの基礎知識

アウトドアライフをもう少し楽しくするキャンピングカーはキャンプだけでなく長距離の旅行にも使いやすい車です。車にはソファベッドとキッチンと水道が完備されているので運転中や駐車中に快適に過ごせます。今回は基礎と利用している時の注意について詳しくご紹介します、あなたにぴったりのカーを見つけてアウトドアをさらに楽しんでください。今回はポイントをしっかり押さえてルールを守って楽しいカーライフを実現していただきたいです。

Search