CHECK

キャンピングカーと乗用車の車検の違いとは?

キャンピングカーと乗用車の車検の違いとは?

キャンピングカーは車検が面倒だと考える人が多いのですが、これは主に8ナンバー登録を行った場合のことで、乗用車登録の場合には一般の場合と同様であるためそれほど心配する必要はありません。最近ではベース車両の構造を基本的に変えずにキャンピングカーとして利用できるものにしたものも増えているため、これを選ぶことで乗用車登録のままで利用することができるようになっています。 8ナンバーのキャンピングカーの場合には、様々な設備も含めて全て検査対象になることに注意が必要です。取り外し可能なシンクや給水装置などは取り付けた状態でないと、合格することができません。そのため、基本的に通常走行する状態で行うことが重要であり、また細かな部分まで厳しくチェックされることに注意が必要です。 キャンピングカーがすべて厳しい検査を受けなければならないと言うことではなく、それぞれの登録内容と構造によって違いがあることを意識することが大切です。

キャンピングカーに付けられるナンバーの種類や基礎知識

キャンプを楽しむ人は以前からいましたが、最近はキャンピングカーを購入して車中泊を楽しむという人が増えています。昨今流行状態となっている感染症もあり、他の人と出来るだけ接触しないで旅をしたいと考える人が多くなっているのもキャンピングカーが人気を集めることに繋がっています。キャンピングカーに、多く付けられているのが8ナンバーです。緊急自動車や特定事業車や運搬や医療介護や特殊作業を行う車などと共に、キャンプや宣伝目的で使用する車として登録されています。キャンピングカーは8ナンバーは車検に必要な費用や納税義務のある自動車税などが、普通乗用車とは異なります。2022年の4月に登録する為の構造条件が改正されていて軽のワンボックスタイプの車や、コンパクトサイズのミニバンがベースの車なども登録出来るようになっています。改正によって人気がさらに加速することが予想されていて、車の維持費を少しでも安くしたいと考えるなら買い替えも視野に車探しをしてみると良いでしょう。

キャンピングカーに関する情報サイト
キャンピングカーの基礎知識

アウトドアライフをもう少し楽しくするキャンピングカーはキャンプだけでなく長距離の旅行にも使いやすい車です。車にはソファベッドとキッチンと水道が完備されているので運転中や駐車中に快適に過ごせます。今回は基礎と利用している時の注意について詳しくご紹介します、あなたにぴったりのカーを見つけてアウトドアをさらに楽しんでください。今回はポイントをしっかり押さえてルールを守って楽しいカーライフを実現していただきたいです。

Search